Amebaグルっぽ

みなさんの文章披露

リリーナ・ドーリアン

詩、エッセイ、童話、ガチガチの小説…なんでもいいです。

 

確かコメントの文字数は1000だったような気がするので、ブログにアップしてからURLを載せてみて下さい。短い作品は直にここに貼ってくださって結構です。コメントも同時にどうぞ。

 

小説の紹介でもいいですよ。文章派の皆さん、ご自由にどうぞ。

コメント (39件)

  • 愛海.

    [ 39 ]

    愛海.

    2013/9/17 22:09

    短編「なつぜみえんどれす!」
      http://ameblo.jp/fantamangolemon/entry-11599887760.html

     未だに震えが止まらない膝と、さらには声。
    唾が尋常じゃない位出る。


     ――――――――――歌えるのか?こんな状況で。


     今日幾度となく繰り返した自分への質問。
    答えは何時だって同じ。一字一句違わない。


     ――――――――――歌いたいんだよ。この状況で。



    短編です。お暇な方は是非、どうぞ。
    .

  • じゅん

    [ 38 ]

    じゅん

    2013/2/14 22:22

    心のちから 

    苦しいこと あったよね
    いっぱい泣いたよね 
    悔しさと怒りに
    こぶし握りしめた日 あったよね
    寂しくてふるえる夜 あったよね
    誰かの言葉に傷ついて 
    ボロボロになった日 あったよね

    今、私は笑ってる
    つらいことは沢山あったし
    今もある
    でも 笑えてる
    まわりで仲間が笑ってる

    心のちからは以外と強い

    ズキズキ痛む傷だって
    やさしく包む強さがあるよ

    心のちから
    生きてく力

    12419725525
  • じゅん

    [ 37 ]

    じゅん

    2013/2/10 22:09

    ぐるぐるまわる 
    目がまわる
    地球もきっと
    目がまわる

  • sazanami-etc

    [ 36 ]

    sazanami-...

    2012/11/25 18:09

    落ちてきた空を飲み込んだ

    許容量から溢れた空は涙腺から零れた

    そうやって口一杯空色にして

    そうやって目尻一杯空色にして

    何も言わず

    何も応えず

    ずっと一人で飲み込み続けて

    いつの日か身体一杯空色になったら

    本物の空になれると信じている

    哀れな天の信者よ

    その美しい空色の瞳は

    一体何を映していたいのか

  • runrunrurururu

    [ 35 ]

    runrunrur...

    2011/11/15 22:41

    私の目に映るのは無機質な世界
    絶望?
    孤独?
    悲しみ??
    なあにそれ?
    ずっとずっと昔に踏みつけてきてしまったのかな
    いまは何も感じないんだ
    モノクロの世界で一人
    うずくまってじっとしている
    手は引いてくれなくていい
    これが私の選んだ道だから

  • リリーナ・ドーリアン

    [ 34 ]

    リリーナ・ドーリア...

    2011/11/13 16:26

     http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=73183 
    (FC2小説作品リンク) 

    事故、自殺(自死)、こころとからだの疾病、犯罪被害…様々な理由で大事な人を失った遺族と、その当事者になりかけていた人々の切迫したストーリー。 

    これは希望の物語。 
    生まれて、生きて、死んでいく、 
    心と存在のありかを探していく、 
    希望の物語。 

  • [ 33 ]

    削除されました

  • [ 32 ]

    削除されました

  • 良岐@アメンバー募集!!

    [ 31 ]

    良岐@アメンバー募...

    2011/2/27 14:14

    ━━━原初の世界。星たちの海。形なき者の住まう世界。

          我らが信じせし者の身体の在り処。

    ━━━生命の世界。浮島の海。個の形持たぬ者の住まう世界。
      
          我らが原初は此処にあり。

    ━━━創造の世界。生きるものの海。物の決まり創らぬ世界。

          全ての命には真の自由と権限を。

    ━━━終焉の世界。強欲の海。定められた宿命を全うするだけの世界。

          楽を表に立たせども、苦は裏から消えることなく。


    原初は別の軸に存在すると書物は語る。星主の生まれる世界。我らの命返る場所。
    生命は我らの器を創る世界。死して器は滅べど再び肉をつけ産母は孕む。
    創造はかつて滅んだ世界。だが今もなお、我らの夢と希望として存在する。
    終焉は我らが世界の先代と記す。愚かな種人と獣だけが住まう世界。栄枯盛衰を繰り返しては照星(レノ・アゼラ)の怒りを買い、自ら滅んだ世界。


    ━━━再生の世界。夢と戦の海。先代の世界の夢と戦う世界。
      
          終焉の傷は癒えぬども、原初は我らに生きよと命ず。



    下のはミスです。すみませんでした;;
    ただいま創作中のファンタジーモノの冒頭部分です。
    いきなりスミマソorz

  • [ 30 ]

    削除されました

  • sorastuki

    [ 29 ]

    sorastuki

    2011/1/21 18:41


    -睡魔-


    動かない頭

    ただひたすら眠気が襲う

    どこにも居場所が無いことを

    睡魔は知っている


    孤独なら夢へ誘え


    そう言った無言の優しさは

    僕を少し笑わせてくれる

    もう少しだけ

    君に甘えていよう

    今日も僕は独りだ

  • sorastuki

    [ 28 ]

    sorastuki

    2010/11/22 06:54

    -海の藻屑-

    水面の波紋
    貴方の目の前で
    私は沈んで行く
    冷たく深い底へと
    揺らめく波に月が歪む
    貴方も同じ
    遠くで見てるだけ
    もう怒りを投げつける力もないわ
    Good-bye My lover

    無力だと嘆くくらいなら
    その両手を伸ばしてよ
    気の迷いに過ぎないなら
    そのまま立ち去って
    独りきりで眠るわ


    空気の球体
    月光を微かに曲げて
    浮上していく
    聞こえるのは無音の音色
    深海という蒼い闇へ
    涙は水に溶けて
    私を窒息させた
    これでさよならね

    無力だと嘆くくらいなら
    その眼で探してよ
    想いが嘘だったのなら
    そのまま背を向けて
    独りきりで眠るわ


    貴方は貴方を愛しているに過ぎない
    だから見殺しにするのよ
    自らの犠牲なんていう選択肢は
    その胸の奥には無い


    言い訳するくらいなら
    その口で酸素を送ってよ
    貴方から見て私はその程度だったのなら
    もう諦めるわ

    To beloved you…Good-bye eternally

  • sorastuki

    [ 27 ]

    sorastuki

    2010/11/16 07:28

    -月涙-

    ふと目が覚めて
    少しだけカーテンを開けた
    月は見えても
    冷たい雨が地上を濡らす
    静まり返る部屋には
    貴方の寝息は聞こえない
    私の温もりだけが
    少しずつ冷えていった

    あの日 感じた確かなものは
    私の心を奪ったの
    埋まることの無い大きな空間に
    しとしとと雨が落ちる


    時計の音の無常さに切なくて
    眠れない夜を持て余す
    寒くなった空気
    窓を開けて月光を入れた壁に寄り添う
    その冷たさが身に沁みて
    まだ貴方を探す私がいた
    苦しくて仕方ないんだから…

    あの時 わがままを言っていれば
    また温めてくれたの?
    繋がることのない糸に
    雨の雫が滴る


    運命は残酷で
    何度も記憶を引き出す
    笑顔の貴方
    辛くなるくらいなら
    いっそ忘れてしまえばいいなんて
    簡単に出来ないわ


    あれから 貴方は別の誰かと
    この月を寄り添い 見ているの
    私の代わりに涙を流す
    この夜空の下のどこかで…

  • sorastuki

    [ 26 ]

    sorastuki

    2010/11/6 23:42


    -柩-

    闇に横たわって
    睡魔をただ待つ
    冷たいぬくもり
    噛み締めては…
    嗚呼 独りだと
    新月の空に謳う
    時計は無常にも
    刻…哭…と紡ぐ
    カーテン揺らす
    夜の風が嘆いた
    お前は不信者だ

    心の奥底にある
    開かない扉に…
    また鍵を掛ける
    また鎖で縛って
    また板に釘打つ

    誰も入れない扉
    その向こうには
    静かに柩が眠る
    私の本当の姿が
    灯り無い暗闇に
    凍え切ったまま
    朽ちて逝くのさ

  • sorastuki

    [ 25 ]

    sorastuki

    2010/11/5 21:47

    -Darkness angel-

    死に飢えた者よ
    恐怖を越えた絶望を
    お前に見せよう
    世界が腐敗している
    もう後戻りは出来ない
    終末論など
    洒落たジョーク
    苦しみの中で逝け

    Darkness angel
    翼は白く塗っただけさ
    天国行きは諦めな
    カルマと共に
    死のスレスレを生きろ


    自ら鮮血で彩る
    もっと痛みを与えよう
    骨が削れるまで
    変わりに刻んであげる
    悲鳴?まだ足りない
    意識の途切れる寸前
    別の苦痛で起こす
    勝手に逝くのはルール違反さ

    Darkness angel
    翼なんてただの飾り
    お前には死化粧がお似合い
    罪を背負って
    永遠の中で償え


    幻想じみた戯れ言は
    そろそろ止めて
    悲鳴以外の声はただのノイズ
    上げろ 血飛沫
    上げろ 断末魔
    死の宴が盛り上がる


    Darkness angel
    お前に天使は訪れない
    生死を甘く見すぎだ
    笑って逝けると思うなよ
    Cry in darkness
    Taste pain
    Your dead face wants to look

  • sorastuki

    [ 24 ]

    sorastuki

    2010/11/5 21:46

    -White angel-

    飛び立つ後に白い羽根
    舞い降りた季節の寒さ
    無言で教えてくれたぬくもり
    そっと口づけを交わして
    君は僕を掬い出した
    凍える眠りの中から

    White angel
    笑顔を見せてくれた
    僕も笑えると知ったよ
    だから今は
    誰かに手を伸ばせる


    祝福の音色
    清らかな風と共に流れて
    鮮やかに彩る歌声を響かせよう
    混沌とした世界に光在れと
    怯えているのなら
    この翼で君を抱きしめよう

    White angel
    優しさを与えてくれた
    僕の心にも在ると知ったよ
    だから今は
    誰かの涙を消せる


    月の光のように
    闇を照らせることができれば
    その瞳に生命が宿るかな
    太陽の暖かさのように
    震えた心にぬくもりを伝えることができれば
    その肌に血が流れるかな


    White angel
    救うことを教えてくれた
    僕にだって出来るんだ
    大きく羽ばたいて
    笑顔を忘れた誰かの下へ

  • sorastuki

    [ 23 ]

    sorastuki

    2010/11/4 18:33

    -氷月-

    銀の月明かり
    凍える体を抱いた
    低下していく体温
    温もりの無い夜
    黒く染まって
    僕の心を揺らす

    震える躯は人の温もりを知ったせい
    始めから知らなければ
    白い息と霧の中で笑えたのに…

    寒い朝
    僕は部屋を出た
    君を忘れてしまわぬよう
    誰も届かぬ場所へと
    砕けた夢を片手に
    強く 血が滲むまで
    握ったまま…


    冬の香りが街を飲み込む
    静かすぎるほどの夜明け
    太陽はまもなく
    瞳を開くだろう
    冷気の蟠るこの場所を
    乱反射させて

    ちらつく雪を眺めては
    記憶の凍った湖に消した
    氷面を叩き割って
    この体さえ沈めよう

    寒い朝
    僕は誘われた
    君の眠るこの地へと
    冷たい石碑にもたれ
    ゆっくりと眠ろう


    白い月がまだ
    空という大海に浮かんでいた
    霧散した中
    君の温もり
    鼓動を止めた重荷に
    さよならを告げて行こう


    寒い朝
    僕は見つけた
    二度と手放すことの無い
    懐かしく温かい手を…

  • リリーナ・ドーリアン

    [ 22 ]

    リリーナ・ドーリア...

    2010/11/4 11:10

    ・銀色のリングー砕いて砕いて-【文化の日・無修正】

    砕いて 砕いて
    切ない今を
    重ねて壊した
    銀色のリング

     

    傍聴席から
    見えるお前の背は
    憎しみの涙でもう
    滲んでいってしまう

     

    三ヶ月の茜と
    22歳のみどり
    犯して殺した
    それが10月の罪

     

    裁判員には決して
    わかりきれないだろう
    僕のこの怒りと
    僕のこの絶望は

     

    砕いて 砕いて
    後悔してる今を
    重ねて壊して
    遺影を抱いて

     

    はらして はらして
    恨みだけが募る
    「許せない」それこそ
    弱さの証しだとしても

     

    ※間奏(僕は神様じゃない
    強くもない
    それでいい
    忘れたくないから)

     

    傍聴席から
    聞かされた判決は
    信じられないほど
    軽い刑事罰で

     

    生きていることこそ
    償いになるというなら
    これからも生きなければ
    ならぬ僕も罪人(つみびと)か?

     

    裁判員にはどうせ
    心の傷でしかない
    僕のこの涙と
    僕のこの激情は

     

    砕いて 砕いて
    幸せな情景を
    重ねて壊した
    お前が生きるのなら

     

    生きない 生きない
    僕はもう生きたくない
    同じ星の空気を吸うのも
    吐き気がするから
    生きない

     

    砕いて 砕いて
    切ない今を
    重ねて壊した
    銀色のリング

     

    思い出 思い出
    思い出にしたくない
    未来で希望だった
    銀色のリング

  • cyon-ree

    [ 21 ]

    cyon-ree

    2010/10/2 15:12

    「人」は嘘をつく。

     

    そして私も・・・・

     

    嫌いだ。

     「人」が。自分が。

     

     

     

    魔法のiらんどで連載中です。

     

    ジャンルはファンタジー、題名は「真実と嘘」です。

     

     

  • [ 20 ]

    削除されました

他のスレッドも見る

Amebaオススメ情報

アメーバID登録

Amebaトピックス

このグルっぽの掲示板を探す

ケータイでもスマホでもグルっぽの掲示板をチェック!QRコードを読んでブックマークしてね♪

http://ucsmgroup.ameba.jp/ucs/index/?guid=ON

http://ucsgroup.ameba.jp/ucs/index/

このグルっぽを通報する