Amebaグルっぽ

誰でも参加できます

このグルっぽに参加する
ピンクシャツデーを日本に広めよう!
管理人
中園直樹
開設日
2011年04月24日
カテゴリ
その他
サブカテゴリ
その他全般
キーワード
掲示板
誰でも閲覧可
スレッド
管理人のみ作成可
  • 98
  • レベル1

    レベルって

このグルっぽの説明
●「ピンクシャツデー(Pink Shirt Day)」を日本で広めましょう! 
(※文責のため『中園直樹』の名前銘記でコピペも配布もOK!) 

―管理人は個人として「ピンクシャツデー」を広めており、
いかなる政治宗教とも営利目的の企業・団体とも関わりません―

【注】カナダ本部の正式見解
「ピンクシャツデーを広めるにあたり、
どんな団体も『公式』は名乗れない」

【ピンクシャツデー(Pink Shirt Day)とは?】 
・2007年のカナダの学生2人から始まった運動です。 
・その前年の2006年の日本では、いじめ自殺報道と自殺の連鎖。 
・「10年程前にも同じことがあったのに」と絶望的な気持ちに……。 
・2007年カナダでピンク服の9年生(中3)男子がいじめられます。 
・12年生(高3)2人がその日の内に50枚のピンクシャツ等を購入。 
・そしてメールや掲示板で友人知人等に呼びかけました。 
・翌朝、2人は50着を呼びかけた人に配って着てもらいます。 
・それ以上の学生が賛同学校がピンクに染まりいじめが消えます。 
・誰もが陥るジレンマ「直接止めたら自分がいじめられる」もクリア。 
・「直接何もせず、多数の意思表明」ですべてを解決したのです。 
・以降毎年2月最終水曜は学校職場にピンクで登校出社と定着。 
・世界中に賛同者続出2010年で75ヵ国参加と世界へ広まります。 
・英語圏の人々は人類共通のこの問題のため立ち上がってます。 

【なぜ欧米中心に広まっているのか?】 
・欧米では、元々「いじめは加害者が悪い」が定着しています。 
・当然、社会全体で加害者を罰して被害者を守るのが常識です。 
・特に、アメリカではほとんどの州でいじめ防止法が制定。 
・さらに、加害者矯正施設も存在するなど対策が進んでます。 
・欧米は比較的安全に広まりやすい環境だったということです。 

【いじめは加害者と被害者どっちが悪い?】 
・そもそも「いじめ」とは、下記様々な犯罪の継続状態のことです。 
「中傷、脅迫、暴行、恐喝、洗脳、強姦、軟禁、監禁、殺人未遂etc」 
・当然、悪いのは上記犯罪を際限なく繰り返す加害者の方です。 

【日本でもピンクシャツデーを広めましょう!】 
・日本では「いじめ」について2つの迷信が根強く信じられてます。 
「いじめは日本のみ」→欧米の対策も反対運動も知られません。 
「いじめは被害者が悪い」→社会が加害者を守り被害者を責める。 
・上記迷信から抜け出し、「命」を守るためにも日本に広めましょう。 

【日本に広める場合の注意点】 
・少数では、被害に遭い自殺に追い込まれる危険性があります。 
・ほぼ毎年、いじめを苦にした子供達の自殺が報じられています。 
・大人のでも「生活」のために職場を変えられない場合があります。 
・精神障害の末に辞職や自殺に追いつめられてしまう方がいます。 
・しかし、「生活」や「学歴」などより「命」の方が大切です。 
・最悪「命」さえあれば人生どこからでもやりなおせます。 
・広める際には、決して無理をせず自分の「命」を守れる範囲で。 
・学生の場合は生徒会や信頼できる先生に相談した上で。 
・大人の場合は転職後など。 

・自分の身を守れる方、仲間の多い方々はどんどん広めましょう。 
・被害者や危険性のある方々が参加しても大丈夫な状況を。 
・加害者もいじめることをやめ参加したくなるお洒落な運動に。
・社会の恒例行事など誰がピンクを身に付けても自然な状況を。
・誰の命も危機でなくなった後全員参加を呼びかけましょう。

【知ったきっかけ】 
・カナダ留学した読者さんから2011年2月に教えてもらいました。 
・私の誕生月2月に人生最高の誕生日プレゼントをもらえました! 

【2016年のピンクシャツデー(2月最終水曜)は?】
●2015年02月24日(水)です!
・日本ピンクシャツデー元年の2012年、
2013年、2014年と広まり盛り上がった2015年をさらに超えましょう!
○2012年のピンクシャツデーには「ピンクシャツデー朗読会」開催。
○2013年ピンクシャツデー前後、列島北から南までイベント開催!
(北海道:十勝/本州:埼玉浦和・東京世田谷/四国:愛媛/九州:福岡)
○2014年2015年と、さらに全国に広まりました!
・活字紹介、ネット紹介など日本語情報もずいぶん増えました。
・2011年2月時点の検索ヒットは留学生のブログ2件程度。

■【先生方や保護者への注意事項(10年以上の被害体験等より)】 
・悪質ないじめは「加害者」が「心から反省しても!」再発する。 
 ―薬物中毒と同じで、加害者は自分で自分を止められない― 
・再発すると、ショックが大きく自殺に結びつきやすい。 
 ―安心して緊張感が緩んでいるため、耐性が落ちてしまう― 
・再発後は、より悪質に陰湿になり、先生方に発見不可となる。 
 ―私の場合のようにクラスメートですら知らない場合もある― 
・欧米では大人が被害者を保護し加害者を罰する。 
 ―特にアメリカはほとんどの州でいじめ防止法制定済― 
・社会全体で加害者を保護し被害者を責める国は日本ぐらい。 
・運動と共に世界の常識も広まる可能性に大きな希望を感じる。 
・定着後も「お前は着てくるな!」といじめられる危険性にも留意。 
・他詳細な注意点は、私の出版済の著作(小説・詩集等)を参照。 
・最低限必要な情報は私のHPの出版済小説のパイロット版を。 

●カナダのピンクシャツデーサイト
 http://www.pinkshirtday.ca/  
(『Pink Shirt Day』は運動名であり団体名ではありません)
※カナダでは様々な団体が自由にピンクシャツデーを開催!

【中学生の描いてくれたPSD&いじめ防止ポスター】
・中学生読者が描いたPSDがモチーフのいじめ防止ポスターです。
 http://nakazono.nanzo.net/chugaku.htm

【ピンクシャツデーの日本語1枚ポスター(超シンプル版)】
・上記、中学生のポスター背景にしたPSD日本語ポスターです。
 http://nakazono.nanzo.net/psdposutar.htm

【ピンクシャツデーの日本語1枚ビラ(詳細記載版)】
・上記、中学生のポスターを背景にしたPSD日本語ビラです。
 http://nakazono.nanzo.net/psdchuugakusei.htm

【ピンクシャツデー缶バッヂ】
・中園直樹イラスト/アリスねっとデザインPSD缶バッヂです。
 http://nakazono.nanzo.net/kanbaddi.htm

【PSDボランティアビラ全国連携パッチワーク巨大ポスター】
・2014年の全国PSDボランティアのビラを一枚にした物です。
 http://nakazono.nanzo.net/zenkoku2014.htm


【ピンクシャツデーの日本語コミュニティー】
・アメブログルっぽ:ピンクシャツデーを日本に広めよう!
・フェイスブック:ピンクシャツデーを日本に広めましょう!
・mixiコミュニティー:「ピンクシャツデー」を日本に!
・@ゲームズサークル:日本に「ピンクシャツデー」を広めよう!
・北海道イベントフェイスブック:ピンクシャツデーとかち
・四国イベントYahooモバゲー:ピンクシャツデーin愛媛


●ネット上のピンクシャツデーについて書かれた日本語記事。 
○インターネット新聞:『バンクーバー経済新聞』 
・2008年記事  http://vancouver.keizai.biz/headline/176/
・2009年記事  http://vancouver.keizai.biz/headline/491/
・2010年記事  http://vancouver.keizai.biz/headline/931/
・2011年記事  http://vancouver.keizai.biz/headline/1183/
・2012年記事(1)  http://vancouver.keizai.biz/headline/1417/
・2012年記事(2)  http://vancouver.keizai.biz/headline/1440/
・2012年記事(3)  http://vancouver.keizai.biz/headline/1443/
・2013年記事(1)  http://vancouver.keizai.biz/headline/1660/
・2013年記事(2)  http://vancouver.keizai.biz/column/23/
・2014年記事  http://vancouver.keizai.biz/headline/photo/1869/
・2015年記事(1)  http://vancouver.keizai.biz/headline/2049/
・2015年記事(2)  http://vancouver.keizai.biz/headline/2050/

○インターネット新聞『自由が丘経済新聞』
・2012年記事URL: http://jiyugaoka.keizai.biz/headline/861/
○『ヤフーニュース』2012年2月27日(月)19時59分配信
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120227-00000058-minkei-l13
※mixiチェックやフェイスブックの「いいね!」なども是非!
○「ブックスキャン」公式HP:
 中園直樹インタビュー記事 2012年07月01日(日)配信
 http://www.bookscan.co.jp/interview.php?iid=009
(本来書籍に対する取材のため、プロフィール&内容で一部紹介。
 同ページに田原総一朗氏など超著名人インタビュー記事も掲載)
○『エキサイトニュース』2013年2月7日10時00分配信
 http://www.excite.co.jp/News/bit/E1360044462908.html

【トピック分けして掲示板で更新している情報】
・ピンクシャツデーについて日本語で記載された書籍(雑誌・新聞)など
・国・県・市等の関わる公的な場でのピンクシャツデー紹介実績
・ピンクシャツデーについて日本語で記載された書籍(雑誌)など
・ピンクシャツデーを日本語で紹介ラジオ、動画etc
・ピンクシャツデー賛同著名人
・ピンクシャツデーを広めるための活動履歴など

――2011年4月24日 中園直樹・著(2月26日より活動開始)―― 

「ぼくだけじゃない、
    世界中に仲間がいる!
        世界中が立ち上がってる!」

【注】誤情報があった場合文責通り全て「中園直樹の責任」です。 
 このページをコピペ配布等した方には一切責任はありません。

 【補】このページ記載の「ピンクシャツデー」情報の元ソース。
  ・ページ中ほどのカナダの「Pkin Shirt Day」ページ。
  ・『バンクーバー経済新聞』2008年以降の現地PSD記事。
  ・他、英語のできる読者さんに調べてもらった情報より。
  ・誤情報があった際は修正しますので管理人までご連絡を。

利用規約を守ってご利用ください。

Amebaオススメ情報

アメーバID登録

メンバーが参加中のグルっぽNEW!

「ピンクシャツデーを日本に広めよう!」に参加している人は、こんなグルっぽにも参加しています。

もっと見る

ケータイでもスマホでもグルっぽの掲示板をチェック!QRコードを読んでブックマークしてね♪

http://ucsmgroup.ameba.jp/ucs/index/?guid=ON

http://ucsgroup.ameba.jp/ucs/index/

他のグルっぽを探す

このグルっぽを通報する